INDEX

国際交流

本学は、リスト・フェレンツ音楽芸術大学(通称リスト音楽院)、ペーチ大学と国際交流協定を結んでいます。

  • ブダペスト市の「リスト・フェレンツ音楽芸術大学(通称リスト音楽院)」とは、1980年代(札幌大谷短期大学の時代)から、30年以上に渡る交流の伝統があります。その強い絆を基に、リスト音楽院が日本の大学と協定を結んだ第一号が「札幌大谷」です。ピアノ、声楽、管弦楽とたくさんの教授陣が来学していますが、札幌大谷大学音楽学部が開学してから、ラントシュ・イシュトヴァーン氏を客員教授に迎え、毎年、定期的に特別レッスンを行っているため、本学にいながらにして、世界的な音楽家の継続的な指導が受けられます。
 
  • ハンガリーで最も古い、14世紀に設立された「ペーチ大学」の芸術学部との協定により、本場ヨーロッパの舞台で、国際交流コンサートに出演する機会もあります。
 
  • 3年次には、音楽が生まれたヨーロッパの地を巡る「海外研修旅行」があります。リスト音楽院の素晴らしい建築物の中で実技レッスンや合唱指導を受け、歴史あるペーチ大学の学生とのコンサートで同世代との交流をし、オペラやコンサートを体験します。

海外留学への道が繋がっています。

国際交流協定大学の教授陣の指導を受けたことがきっかけで、本学卒業後に音楽留学を実現した先輩も多数。リスト音楽院・ペーチ大学共に「大学院」への進学の道が繋がっています。ハンガリーやドイツ、フランス、イタリア等に留学後、現地でコンサートやオペラの舞台で活躍する卒業生が増え、先輩達との繋がりで安心して留学生活に踏み出せます。

<!--$alt-->
<!--$alt-->

【国際交流の歴史】

 ・1970年代~ リスト音楽院への海外研修旅行が始まる(以来、ヨーロッパへの海外研修旅行が続いています)
 ・2002年12月 リスト・フェレンツ音楽芸術大学と国際交流協定締結(ハンガリーにて)
 ・2014年12月 ペーチ大学と共同連携協定締結(ハンガリーにて)
 ・2015年1月 国際交流コンサート(札幌大谷大学にて)

【これまでにハンガリーから来学された先生方】

 ショイモシュ・ペータ(ピアノ)
 ゼンプレーニ・コルネル(ピアノ)
 ケルテ-ス・ラヨシュ(ピアノ)
 キシュ・ジュラ(ピアノ)
 ラントシュ・イシュトヴァーン(ピアノ)
 ファルヴァイ・シャーンドル(ピアノ)
 ラーンキ・デジュー(ピアノ)
 ヘゲデュシュ・エンドレ(ピアノ)
 キラーイ・チャバ(ピアノ)
 レンドヴァイ・エルヌー(音楽学者)
 ハルモシュ・ペーター(民族音楽学者)
 シャーロシ・バーリント(民族音楽学者)
 ヴィカール・ラースロー(民族音楽学者)


 ウグリン・ガーボル(合唱)
 サボー・ヘルガ(合唱)
 コヴァーチ・ローラント(フルート)
 ジュンジュシ・ゾルターン(フルート)
 キシュ・ヨージェフ(オーボエ)
 サットマリー・ジョルト(クラリネット)
 キシュ・アンドラーシュ(ヴァイオリン)
 ペレーニ・ミクローシュ(チェロ)
 シクライ・エリカ(声楽)
 メラート・アンドレア(声楽)
 ハルモシュ・ベーラ(民族ヴァイオリン)
 テーカ民族楽団