INDEX

建学の精神・3ポリシー

建学の精神

 札幌大谷大学、札幌大谷大学短期大学部は、その名の通り京都「大谷」の地に埋葬された日本仏教の大成者、親鸞聖人(1173-1262)の、み教えを建学の精神にしています。これはまた1906(明治39)年、北海道初の私立高等女学校を設立した札幌大谷学園の伝統に由来しています。
 親鸞聖人は、自らの凡夫性にいち早く目覚めて「悪人親鸞」と名乗り、無条件に我々すべてに掛けられている大いなる願いを拠所としない限り、生死の道を克服して意味ある一生を生き切ることはできないことを発見されたのです。
 その願いに基づく我々の学園は、「生き切れない命は一つもない」という理念により、すべての人間に開かれた学園であり、同時にそこでは、一人も取りこぼさない教育、選別をしない教育、裁かない教育が展開されて、自発性・自律性に富んだ学生が育まれるはずです。そして教職員も共に学び、教育支援に誠を尽くすのです。
 こういった教育観に立脚して、音楽学科、美術学科では、内面からあふれ出る表現のエネルギーを様々な手法において発揮し、すべての人々を幸せにする芸術家を育成しようとし、地域社会学科では、地域社会に貢献しうる心身豊かな社会人を、そして、保育科においては、未来を築く子どもたちのための保育者・教育者を、真に育成したいと願っています。

札幌大谷大学・札幌大谷大学短期大学部の3ポリシー

ディプロマ・ポリシー(卒業の認定に関する方針)

1.主体的に目標を貫徹する力(自律性)自ら主体的に課題を見出し、高い目標に向けて持続的に努力を重ねることができます。
2.社会に貢献する姿勢(課題発見・社会貢献性)社会が抱える課題を発見し、よく理解し、その解決に向けて意欲的に行動することができます。
3.多様な価値観・個性を受容し、共に努力し合える能力(協調性)自分と違う個性を持つ他者への感謝の心を忘れず、目標に向け協働することができます。
4.社会で求められる基礎的汎用的スキル(基礎的汎用的スキル)コミュニケーション能力や課題解決能力など、卒業後の社会で求められる汎用的なスキルを身につけ、ニーズに応じて活用することができます。
5.専門的知識・技術の修得と活用力(知識活用)自らが選択した学位プログラムの基礎となる、専門的知識やスキルを修得し、卒業後の社会のニーズに応じて活用することができます。

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成および実施に関する方針)

(教育内容)
1.一般教育科目については、まず大学共通科目「建学の精神と大谷学」を通じて、命を尊重し、他者との出会いによって学びを深めることの意義について認識するとともに、大学4年間の学修の基礎を修得します。
2.語学教育については、英語教育において、実用的なスキルを重視した教育を展開し、それぞれの学部・学科およびコースに必要な外国語のスキルを修得します。
3.専門教育については、それぞれの専門分野ごとに定められた体系的なカリキュラムに基づき、必修科目と専攻やコースに基づく、学年別・習熟度別の科目配置を行います。
4.学年、学科、コースごとに担任教員を配置し、学生の学修および生活のためのアドバイザーとなります。

(教育方法)
5.学科別・コース別の少人数展開授業を基本とし、教員と学生のコミュニケーションを重視した授業を展開します。
6.演習科目や実技・制作実習などを主体とした授業では、アクティブ・ラーニングを取り入れた授業を展開します。また、その他の科目においても、極力、学生主体の活動を取り入れた授業を行います。
7.専門科目では、学生の学修成果をできるだけ客観的に評価し、次の学修に役立つようなフィードバックを提供します。
8.ボランティア、インターンシップやその他の課外活動を通じて、学外における学修機会を提供し、大学での学修内容と実社会とのつながりを認識することを意図しています。

アドミッション・ポリシー(入学者の受入れに関する方針)

1.高等学校の幅広い学習内容を習得し、さらに高等教育機関で学修を継続することに強い意欲を持っていること。
2.社会に目を向ける広い視野を有し、自身の専門を生かして社会に貢献しようという目的意識を持っていること。
3.多様な文化・価値観を受け入れる柔軟な精神を有していること。
4.各学部での学修にもとめられる基礎的な学力およびスキルを有していること。

各学科の教育目標及び3つのポリシー