※2023年度よりカリキュラム改訂を
計画しております。

1年次

音楽家としての基礎教養と基礎能力の定着を図り、社会人としての基礎的な能力育成のために初年次教育科目や大学共通科目、
また、芸術の基礎的な態度を養うために学部共通科目を配置します。

全コース共通 器楽合奏/オペラ制作演習/映像制作演習/ピアノアンサンブル
芸術学部共通科目 芸術文化の諸分野において共有される創造性の基盤や態度を身につける。
大学共通科目 情報リテラシー科目/キャリア科目/外国語科目/北海道科目/教養科目/日本語表現科目
【ピアノコース】
【声楽コース】
【管弦打楽コース】
【作曲・サウンドクリエイションコース】
【電子オルガンコース】
[主専攻] 実技演奏法(レッスン):前期・後期 各3単位 45分×15回(週)
ソルフェージュ
合唱
芸術文化論
初年次教育
コードプログレッション
器楽合奏
【音楽総合コース】 [副科] 実技演奏法(レッスン):前期・後期 各1単位 20分×15回(週)
[副専攻] 実技演奏法(レッスン):前期・後期 各2単位 30分×15回(週)
【音楽療法コース】 [副科(選択)] 実技演奏法(レッスン):前期・後期 各1単位 20分×15回(週)
音楽療法概論

2年次

基礎的な技能の充実を図るとともに、より高度な音楽理論、音楽史、音楽文化に対する知識を深める科目を設置します。
これらを通じて、社会に生きる音楽家としての自覚を促します。

全コース共通 器楽合奏/オペラ制作演習/映像制作演習/ピアノアンサンブル
各種演奏会、コンクール、インターンシップなどに参加する機会を通じ、実社会とのつながりを認識できる機会を提供します。
【ピアノコース】
【声楽コース】
【管弦打楽コース】
【作曲・サウンドクリエイションコース】
【電子オルガンコース】
[主専攻] 実技演奏法(レッスン):前期・後期 各3単位 45分×15回(週)
音楽史
指揮法
実技教材研究
即興演奏
室内楽
【音楽総合コース】 [副科] 実技演奏法(レッスン):前期・後期 各1単位 20分×15回(週)
[副専攻] 実技演奏法(レッスン):前期・後期 各2単位 30分×15回(週)
【音楽療法コース】 [副科(選択)] 実技演奏法(レッスン):前期・後期 各1単位 20分×15回(週)
音楽療法各論

3年次

基礎能力の充実と応用を図ることをねらいとします。1、2年次に養われた基礎技能や知識教養を活かし、
芸術的表現力や感性を豊かなものとします。また、より専門性の高い芸術的教養を深めることで、
専門的技能と経験をより広い芸術的文脈で理解させ、演奏家、研究者、教育家などの自己像を形成します。

全コース共通 器楽合奏/オペラ制作演習/映像制作演習/ピアノアンサンブル
芸術学部共通科目 オペラ/映像/舞台科目
大学共通科目 キャリア科目
【ピアノコース】
【声楽コース】
【管弦打楽コース】
【作曲・サウンドクリエイションコース】
【電子オルガンコース】
[主専攻] 実技演奏法(レッスン):前期・後期 各3単位 45分×15回(週)
鍵盤音楽史
オペラ史
管弦楽史
音楽ビジネス論
コンサートプロデュース論
【音楽総合コース】 [副科] 実技演奏法(レッスン):前期・後期 各1単位 20分×15回(週)
[副専攻] 実技演奏法(レッスン):前期・後期 各2単位 30分×15回(週)
【音楽療法コース】 [副科(選択)] 実技演奏法(レッスン):前期・後期 各1単位 20分×15回(週)
音楽療法実習

4年次

それぞれの専門分野に応じた卒業研究を通じて、自己の課題を発見・解決し、学修成果を統合します。
そして、自立した自己像を確立し、ディプロマ・ポリシーに沿った、社会に向けて自己を発信する実践力を養います。

全コース共通 器楽合奏/オペラ制作演習/映像制作演習/ピアノアンサンブル
卒業研究
【ピアノコース】
【声楽コース】
【管弦打楽コース】
【作曲・サウンドクリエイションコース】
【電子オルガンコース】
[主専攻] 実技演奏法(レッスン):前期・後期 各3単位 45分×15回(週)
【音楽総合コース】 [副科] 実技演奏法(レッスン):前期・後期 各1単位 20分×15回(週)
[副専攻] 実技演奏法(レッスン):前期・後期 各2単位 30分×15回(週)
【音楽療法コース】 [副科(選択)] 実技演奏法(レッスン):前期・後期 各1単位 20分×15回(週)

めざす未来

ピアニスト/伴奏者/歌手/合唱指導者/楽団員/吹奏楽指導者/自衛隊音楽隊/サウンドエンジニア/ステージスタッフ/ 作曲家/
音楽教室講師/音楽プロデューサー/楽器店スタッフ/音楽療法士

音楽学科で取得可能な
学位・免許・資格

  • 全コース

    ・学士(音楽)
    ・高等学校教諭一種(音楽)
    ・中学校教諭一種(音楽)

  • 音楽療法コースのみ

    ・日本音楽療法学会認定音楽療法士 受験資格
    ・全国音楽療法士養成協議会認定音楽療法士(1種)称号
    ・社会福祉主事(任用資格)

ピックアップカリキュラム

  • ピックアップカリキュラム 音楽概論
    専門科目

    音楽概論

    楽典、図書館の使い方、音楽辞典類の使い方、音響学、楽器学などの各分野で、音楽の実践にとって必要な基礎知識を学び、音楽について調べられるようになります。自分の演奏に必要な勉強方法だけではなく、吹奏楽やオーケストラの歴史なども幅広く勉強し、知識を増やします。

  • ピックアップカリキュラム 文書実務(Word)・情報処理演習A(Excel)
    情報処理科目

    文書実務(Word)・情報処理演習A(Excel)

    Microsoft Word・Excelの基本操作から応用までを、実社会での使用例や実践テクニックを盛り込みながら学習します。在学生は演奏会のチラシやタイムスケジュールも作成できるようになっています。コンピュータ教室もあり、文書デザイン検定などに向けて練習しています。

副専攻制度

主専攻+副専攻の履修で、
領域を超えて学ぶ。

大学のどの学科に所属していても異なる領域の副専攻を履修することができます。
所属学科で専門的に学ぶことのできる主専攻に加えて、9つの副専攻から選択し、
履修することで学科の枠を超えて総合的な力を身につけることができます。
※短期大学部は対象ではありません。

3学科で専門的に学ぶ主専攻

芸術学部 音楽学科

  • ピアノコース
  • 声楽コース
  • 管弦打楽コース
  • 電子オルガンコース
  • 音楽療法コース
  • 音楽総合コース
  • 作曲・サウンドクリエイションコース

芸術学部 美術学科

  • 油彩専攻
  • 日本画専攻
  • 版画専攻
  • 立体専攻
  • 写真・映像・メディアアート専攻
  • グラフィック・イラスト専攻
  • 情報・プロダクトデザイン専攻
  • ファッション・
    デジタルファブリケーション専攻

社会学部 地域社会学科

  • 行政法律
  • 経営経済
  • 教育福祉
  • 観光メディア

学科の枠を超えて他分野の専門を学ぶ9つの副専攻

1

音楽実技系レッスン

「実技演奏法Ⅰ~Ⅳ(副専攻)」8単位を履修

2

音楽指導(ピアノ)

「実技教材研究Ⅰ~Ⅳ(ピアノ)」8単位
「音楽実技教授法Ⅰ~Ⅱ(ピアノ)」2単位
計10単位を履修

3

音楽指導(吹奏楽)

「実技教材研究Ⅰ~Ⅳ(吹奏楽)」8単位
「音楽実技教授法Ⅰ~Ⅱ(吹奏楽)」2単位
計10単位を履修

4

音楽指導(合唱)

「実技教材研究Ⅰ~Ⅳ(合唱)」8単位
「音楽実技教授法Ⅰ~Ⅱ(合唱)」2単位
計10単位を履修

5

音楽文化

「音楽リテラシー演習Ⅰ~Ⅳ」4単位
「コンサートプロデュース論」2単位
「音楽ビジネス論」2単位など
計12単位を履修

6

総合造形

「色彩学」「西洋美術史A・B」「日本美術史A・B」
「コンテンポラリーアート」
「アートマネジメント」
「表現研究」「造形基礎」「基礎絵画」
など、計8単位を履修

7

総合デザイン

「情報デザイン論」「広告論」「デザイン概論」
「マスメディア論」「マーケティング入門」
「イラストレーション」「Webデザイン」
など計8単位を履修

8

地域メディア

「マスメディア論」「地域メディア論」「写真・映像論」
「映像メディア表現」「広告論」「観光メディア制作演習」
「映像制作演習Ⅰ〜Ⅷ」「地域メディア制作演習」
など計10単位を履修

9

コミュニティデザイン

「コミュニティビジネス論」「商品開発論」「情報デザイン論」「コンピュータ造形」
「デジタル基礎」「グラフィック・イラスト研究A」「イラストレーションA」「地域課題研究」
など計10単位を履修

①〜⑨の各種プログラムで定める
要件単位を修得すると、
卒業時に「副専攻修了認定書」が授与されます。

例えば、こんな履修ができます!

主専攻「社会学部 地域社会学科」

フーニー

『高校時代に習った楽器をつづけたい!』

副専攻 ①音楽実技系レッスン

楽器のレッスンを受ける

主専攻「芸術学部 音楽学科」

フーニー

『同じ芸術分野についてもっと知りたい!』

副専攻 ⑥総合造形

色彩学や美術史を学ぶ

音楽学科TOPページ

音楽学科出願書類ダウンロード"/ 音楽学科コース紹介動画"/ 国際交流 ピアノコースfacebook"/ 声楽コースFacebook"/ 管弦打楽コースFacebook"/ 作曲コースFacebook"/ 電子オルガンコース 札幌交響楽団"/ 札幌市民交流プラザ"/ 札幌大谷学園附属音楽教室"/