コースの特長

  • さまざまな角度から、音楽を学ぶ

    さまざまな角度から、音楽を学ぶ

    音楽大学のメリットは、生の演奏を学ぶ学生がまわりにいつもいることです。音作りや演奏のニュアンスを学ぶうえで、大きなアドバンテージになるでしょう。「和声法」「ソルフェージュ」などでは理論を、「音楽史」では時代ごとの音楽様式を学びます。また、レッスンでは演奏技術を含めた総合的な力を養います。少人数の授業展開により、きめ細やかな指導を受けることができます。

特色科目

電子オルガンコースのカリキュラム

    在学生の声

  • 大江花音さん

    大江 花音さん(4年)

    電子オルガンコース
    北海学園札幌高等学校出身

    エレクトーンで作曲をしたり、ライブに出演しています。作曲や編曲のレッスンでは、理論に基づいた和音構成と感覚に基づいた和音構成で先生と議論し、一小節書くだけで一回のレッスンを終えたこともあります。編曲で行き詰まった際には的確なアドバイスをいただき、今までに思いつかなかったアレンジができました。先生が親身なうえ、他コースの授業も履修できるので、個人の興味関心にあわせて学んでいます。

    教員メッセージ

  • 藤田真菜美さん
    電子オルガン

    小山 隼平 准教授

    電子オルガンコースでは、実技のレッスンが中心となりますが、それだけではなく幅広く知識や技術を修得し、最終的には自分でオーケストラスコアから編曲したり、自作品を作曲したりすることにつなげていきます。
    また、今年度から新しく取り組まれている分野として、「ハイブリッドオーケストラ」があります。これは、いくつかの生楽器と電子オルガンが協力し、オーケストラの作品を仕上げていく、というものです。ソロ楽器としてだけではなく、電子オルガン同士や他の楽器とのアンサンブルを学修できるのが、音楽大学の特長です。

音楽学科コース紹介動画"/ 札幌大谷学園附属音楽教室"/ 札幌大谷音楽コンクール" 国際交流 ピアノコースfacebook"/ 声楽コースFacebook"/ 管弦打楽コースFacebook"/ 作曲コースFacebook"/ 電子オルガンコース 音楽療法研究会Facebook"/ 札幌交響楽団"/ 札幌市民交流プラザ"/