特徴

  • 心理学、福祉、医学も総合的に学ぶ
    特徴1

    心理学、福祉、医学も総合的に学ぶ。

    基礎となる音楽理論系の科目やソルフェージュ、ピアノ、声楽、管弦打楽の個人レッスンの他に、音楽療法の専門科目、医学、心理学の分野も幅広く学びます。

  • 豊富な実習で、資質を育てて伸ばす
    特徴2

    多種多様な領域における実習の積み重ねにより、
    資質を育てて伸ばす。

    子どもから高齢者までを対象として、2〜4年生の期間で4ヶ所以上の社会福祉施設や医療機関での実習を行います。音楽療法士としての姿勢やコミュニケーションの取り方を学びます。対象者の感情や身体機能の変化に触れることで「音楽の力」を実感できます。

取得可能な資格

「日本音楽療法学会認定音楽療法士 受験資格」

「全国音楽療法士養成協議会認定音楽療法士(1種)称号」

「社会福祉主事(任用資格)」

これらの取得に必要な科目を設置し、受験対策まで細やかな指導を受けることができます。

ピックアップカリキュラム

音楽療法コースのカリキュラム

    在学生の声

  • 金井 利里香さん

    金井 利里香さん(3年生)

    音楽療法コース
    札幌手稲高等学校出身

    音楽療法コースは音楽療法士をめざしている学生が多く、病気や障がいの知識、音楽的技術や心理学など幅広く学んでいます。老人ホームや児童施設、病院などで行われる実習では、演奏を聴いてくれた方々が笑顔になってくれる場面が多くとてもやりがいを感じます。音楽療法は決まった形がないので、さまざまな取り組み方で多くの発見があり、音楽の力を実感できる学びです。

    教員メッセージ

  • 高田 由利子 准教授
    音楽療法

    高田 由利子 准教授

    音楽療法士になるために必要なことは、相手の気持ちを理解する力と、その気持ちを受け入れ寄り添える力(共感力)、そしてコミュニケーション力です。
    実は音楽療法士に限らず、社会で豊かに生きるための必要な“人間力”でもあります。大学の学びでこれらの力がバランスよく身に付くように、音楽・医学・心理学・社会福祉など様々な分野の知識や音楽療法に必要な音楽技術を身につけます。さらに、音楽療法士の資格取得後は地域や社会に音楽で貢献できる人となります。
    人のために音楽を活かすことの意味や価値についてじっくり学べます。

札幌大谷学園附属音楽教室"/ 主な就職先" 国際交流 ピアノコースfacebook"/ 声楽コースFacebook"/ 管弦打楽コースFacebook"/ 作曲コースFacebook"/ 電子オルガンコース 札幌交響楽団"/ 札幌市民交流プラザ"/