保育卒業生

「できた!」「見て!」
子どもたちの成長を
実感する仕事。

髙瀬 加奈 さん

保育科 2017年3月卒業

学校法人 西野学園 西野第2桜幼稚園

札幌稲雲高等学校出身

段階のあるカリキュラムで力をつける。

札幌大谷の保育科は、理論と実践(実習)がしっかりカリキュラムに組まれています。大学で学び、準備をしてから、幼稚園や保育所で実習、そして復習の流れから「こういうことだったのか!」とフィードバックがすぐにあるので、しっかりと保育者になる知識を身につけていくことができました。普段の授業でも意見交換する機会が多かったり、実習について先輩に話を聞いたり質問したり、たくさんの人とコミュニケーションをとっていた印象もあります。

レパートリーの多さを
保育の個性に。

学生時代は、自分が先生になった時のために!と、あそびのレパートリーやエプロンシアターのつくり方など、実践的なことには常にアンテナを張っていました。また特別研究は美術を選択したので、得意分野に力を入れることができました。そこで身につけた、保育のレパートリーが自信にもなっています。職場の後輩からも、レパートリーが多いところを真似したいです、と言ってもらえてうれしかったです。学びたいことに向かって、自分から学びにいく姿勢は今でも大切にしています。誰よりも、子どもたちの成長を近くで見守ることができる保育の仕事。その成長を実感することが醍醐味です。

保育科
2021年度(2022年3月卒業生)
就職率

%

保育科 就職実績
保育科 在学生一覧
保育科 卒業生一覧