社会在学生

新しいことへの第一歩。
自分と向き合う4年間に。

永山 きらり さん

地域社会学科 2年

丸山ゼミ

札幌大谷高等学校出身

自分の将来と向き合う進学。

高校時代は音楽科に在籍して、ダンスや歌のレッスンに打ち込む毎日でした。変化が多いこの時代。自分のやりたいことを理想通りに続けることができるのかと考えた時に、新しい将来について考えるようになりました。より広い分野で社会について知りたいと地域社会学科に進学し、これから自分のやりたいことを見つけていく学生生活にしていこうと思います。

興味のある分野との出会い。

大学では日本国憲法や法学入門などこれまで深く学んだことがない分野を学んでいくことがとてもおもしろいです。今は、教員免許の取得や行政についての勉強など少しずつ自分のやりたいことをみつけています。公務員、教師、企画関係など自分の興味に合わせて将来を考えて行っています。高校時代から変わらないことは、人をよろこばせることができる仕事をしたい!ということです。

TOPIC

愛用品

「 筆箱 」

高校3年生の頃から使っています。普段使うものに、お気に入りのキャラクターを取り入れることで、気分を高めています!

時間割

SCROLL

POINT

1年後期の時間割です。オンデマンド型の授業もあるので「地方自治入門」「哲学」「日本国憲法」は自分の好きな時間に受講しています。経済学入門では、専門的な言葉使いが難しいですが、消費行動やお金の仕組みを学ぶことができて楽しいですよ!

地域社会学科
2021年度(2022年3月卒業生)
就職率

%

地域社会学科 就職実績
地域社会学科 在学生一覧
地域社会学科 卒業生一覧