本学では、卒業後の進路と向き合い
職業意識を高めるために、
学生が自ら気づき、考え、行動し、
やりぬく力を身につけることを
支援する科目を設けています。

キャリアプラン基礎(3年次・前期)

大学で学ぶことと働くことのつながりを考え、キャリアプランを立てることの意義について考えます。
これまでの大学生活で獲得した資源(能力・技能・経験・人とのつながり等)の棚卸しを行い、自らのキャリアビジョンを描いてみます。
グループワークを通して、社会や自己についての理解を深め、強みや専門性の活かし方を探っていきます。

キャリアプラン応用(3年次・後期)

社会の動きや労働環境の動向を捉え、働く人に求められる資質や能力についての理解を深めます。広く社会事象に関心を向けるとともに、自己のキャリア形成を意識して職業選択を具体的に考えていきます。
就職活動を円滑に行うため、企業研究や自己分析の方法、ビジネスマナーや面接の心得など、実践的な知識や技能を習得します。

主な就職先"