本学では、卒業後の進路と向き合い
職業意識を高めるために、
学生が自ら気づき、考え、行動し、
やりぬく力を身につけることを
支援する科目を設けています。

キャリアプラン基礎(2年次・後期)

この授業では、卒業後の進路選択(就職・進学)
を考えるにあたって必要な基本的な知識や能力を身につけさせ職業意識の向上を目的としています。
授業では現在仕事をしている卒業生や社会人の方を招き、学生時代に打ち込んだことや、現在の業務内容について話を聞く事ができます。
社会に出て働くとはどういうことか、社会が求めている能力はどのようなものかを学びます。
また、「働く」ことについて学生同士でグループワークを行い最終的にはプレゼンテーションをします。
今後の大学生活で自分の成長させるべき能力は何かを自分自身で考えることができます。

キャリアプラン応用Ⅰ(3年次・前期)

卒業後の進路について考え、そのためには何をすべきなのかを自ら考え、行動する動機付けを行うことを目的とする授業です。
自分の能力、価値観、ワークスタイル、性格などを踏まえた自己分析を行い、社会経済環境についての講義を通じて卒業後の進路や目標を出来るだけ具体化することができます。
その目標達成のために必要な行動として、レポート作成・グループ討議・プレゼンテーション・卒業生や社会人との対話を通じて明確化させ、具体的かつ積極的な行動につなげるようにします。

キャリアプラン応用Ⅱ(3年次・後期)

キャリアプラン基礎・応用Ⅰを踏まえ、就職活動のスタートから具体的な取り組み方、内定獲得に至るまでの知識や技能を習得するとともに、卒業後のキャリアビジョンまでを考えます。
希望する自分の進路において、具体的にどのような働き方をするべきか、さらに自己分析をすることにより自己理解を深め、自己のアピールポイントを整理し考えていきます。