ミュージカル
ぷりてぃ劇場

保育科2年生全員参加による子どものためのミュージカル。脚本・作曲・衣装・道具・照明などすべて手づくりで分担し、キャストとしてもほとんどの学生が舞台に立ちます。2年間学んできた音楽・美術・ダンス・言葉など表現の授業の集大成であり、子どもたちに何を伝えられるかという自分たちへの問いかけでもあります。
笑いあり涙あり感動あり。例年多くの子どもたちや一般の方に好評をいただいています。2019年度は札幌市こどもの劇場やまびこ座で「リジーナとねこの家」を上演しました。
約9カ月間をかけてつくりあげたミュージカルの本番は大成功。子どもたちの声援と大きな拍手が劇場に響くのを聞きながら、全員が大きな達成感を感じることができました。子どもたちだけでなく、一般市民の方々にも見ていただき、さまざまな角度から評価を受け、それを自分たちで検証することで、保育の現場で活躍するための実力が磨かれていきます。
みんなが気持ちを合わせ、やり遂げたときの達成感と大きな感動は一生の宝物になります。

SCROLL

中公美月さん

中公 美月 さん

2021年3月卒業
札幌日本大学高等学校出身

ぷりてぃ劇場では副責任者として、演出や脚本の考案から全体への連絡・指示、先生との相談役として活動していました。昨年はお客様を迎えての公演ができずビデオ制作となりましたが、限られた登校日数の中で、日々工夫して1つの物語が完成した時の達成感は忘れられません。みんなの協力がなければ、形にならなかったと思います。何事も諦めない姿勢、仲間と協力し合う楽しさを改めて学びました。

2020年度は新型コロナウイルス感染予防のため
劇場公開はせず、ビデオ作品としました。

こちらをご覧ください

んぐまーま
「なつまつり」「ふゆまつり」

「んぐまーま」の二大行事には、保育科の学生が準備・運営に参加しています。
なつまつりは、保育系サークルの1年生が主体になって遊びのコーナーを企画します。輪投げや魚つりなどのゲームや
七夕飾りなどの制作、人形劇や器楽演奏の発表を子どもたちに楽しんでもらっています。専攻科1年生が担当する水遊びも人気です。
ふゆまつりは、2年生が特別研究の「各分野」の特長を活かした内容です。「美術」と「運動」を選択した学生は、大学の中庭に滑り台やかまくらなどを取り入れた雪像をつくります。「音楽」の学生は、子どもに親しまれている歌や器楽曲を演奏し、演奏後の楽器体験コーナーも学生と子どもの良い交流になっています。

子育て支援センター「んぐまーま」について

作品展

学生が授業内の課題として制作したおもちゃや絵本、共同で制作した大型遊具、自治体や企業と連携した商品(玩具)などを地域の子どもたちに実際に遊んでもらうイベントを開催しています。授業内では、木や布、プラスチックなどさまざまな素材を使用し、子どもたちが安全に楽しく遊べるものづくりに挑戦しています。学生にとって自分たちの制作物で実際に子どもたちが遊ぶ様子を観察できる貴重な時間です。子どもたちが目を輝かせ、夢中で遊んでくれる姿は、学生にとってより良いものづくりを探究し続けるための糧となります。

保育系サークル

学びを次のステップへ。

保育科での学びを活かし、確かめるチャンスとして、
また、保育や児童福祉の現場でさまざまな経験ができる機会として、保育系サークルが活発に活動しています。

  • コロポックル(人形劇)

    コロポックル(人形劇)

    昔話や童話を人形劇にアレンジして、幼稚園や保育所など依頼をいただいた先で公演活動を行っています。公演数は年間を通して10回程度。脚本づくりや人形・大道具の制作、作曲、週2回の練習と準備には時間がかかりますが、子どもたちによろこんでもらえるのはうれしいもの。公演での歌や手遊びの経験は実習にも役立ちます。

    中川友希さん

    中川 友希 さん(2021年3月卒業)

    札幌厚別高等学校出身
    このサークルの魅力は?

    ・幼稚園や保育所での公演で、子どもとたくさん交流ができる!

    ・人形制作は自分たちの力でつくっています!

    ・サークル内イベントを企画したり、全体で仲が良いサークルです!

  • にこにこおんがくたい

    にこにこおんがくたい

    幼稚園や保育所、学校行事などで演奏し、子どもたちに音楽の楽しさを伝えるサークル。演奏する曲は、その時期に流行っているテレビ番組やアニメの曲、童謡などさまざま。曲に合わせて踊る子どもたちを見ていると、自分たちも楽しくなります。楽器が弾けなくても、歌のお姉さん役、ダンス、パーカッションなどで活躍できます。

    大関亜見さん

    大関 亜見 さん(専攻科保育専攻1年)

    札幌東陵高等学校出身
    このサークルの魅力は?

    ・保育科の半分の学生が所属!よろこびや楽しさをみんなで共有できます!

    ・実習や就職時に特技やボランティア経験として活かせます!

    ・人前に立って行動することに自信がつきます!

  • しふぉん

    しふぉん

    しふぉんはボランティアサークルです。福祉施設や保育所・幼稚園での行事のお手伝いをしたり、毎週土曜日は自主的に学校近くの保育所にボランティアに行っています。大学祭やオープンキャンパスでは、子ども向けの出し物を行っています。ボランティアの魅力はなんと言っても現場の方との交流です。

    大喜田 芽依さん

    大喜田 芽依 さん(専攻科保育専攻1年)

    市立札幌新川高等学校出身
    このサークルの魅力は?

    ・実習調査書のボランティア欄で活動をアピールできます!

    ・ボランティア先の方から感謝の言葉をたくさんいただきます!

    ・学年の8割以上が所属するサークルで、同学年のつながりも強いです!

  • 折り紙研究会

    折り紙研究会

    折り紙研究会は、年に数回、学校行事に合わせて活動を行っています。活動内容は主に子ども向けのなつまつりで遊びの企画や出店、地域のお祭りの景品づくりなどです。大学祭ではフルーツあめ屋さんを出店し、その横には折り紙の作品を展示して、お客様に見てもらったりプレゼントしたりしています。

    真柄瑠華さん

    真柄 瑠華 さん(2021年3月卒業)

    千歳高等学校出身
    このサークルの魅力は?

    ・先輩後輩の壁がなく、みんな協力的で楽しい!

    ・学内学外問わず、イベントに参加して子どもたちと距離が近い!

    ・イベント毎の活動で、学業やアルバイトの両立がしやすい!

保育科の学生が所属している
クラブ・サークル

・女子バレーボール部 / 硬式野球部(部員・マネージャー) / 札幌大谷大学サッカー部(マネージャー) / ViCT(ダンスサークル)

・女子バレーボール部
・硬式野球部(部員・マネージャー)
・札幌大谷大学サッカー部(マネージャー)
・ViCT(ダンスサークル)

保育科TOPページ

主な就職先" つどいの広場 社会連携センター" 社会連携センターfacebook"/