専攻科4つのメリット

  • 学士の称号を得る

    学士の称号を得る

    ○独立行政法人「大学改革支援・学位授与機構」の認定専攻科。
    ○4年制大学卒業相当の学位である「学士」の称号を取得。
    ○幼稚園教諭一種免許状を取得。

  • 少人数教育

    少人数教育

    短期大学部保育科本科の定員:100名(1学年)
    専攻科の定員:10名(1学年)

    ○学んだことをしっかりと自分の知識にできる。
    ○修了研究に取り組み、論理的思考、客観的態度、プレゼンテーション力などを養う。

  • さらなる実践力を身につける

    さらなる実践力を身につける

    ○取得済みの資格を活かした実践的な授業。
    ○附属幼稚園での1年間に渡る実習。
    ○短大で身につけた得意分野にさらに磨きをかける。
    ○知識や技術をただ習得するのではなく、理論的背景を学ぶことで、現場で活きる応用力を身につける。

  • 経済的負担を軽減

    経済的負担を軽減

    学費は短大本科の6割程度

    短大本科

    学費 約185万円(2年間)

    専攻科

    学費 約121万円(2年間)

    いずれも入学科、教職課程履修費を除く(2020年実績)

    ○経済的状況や学びの状況に合わせて、短大卒業時に進路の再考が可能。

カリキュラム

少人数教育で、学びを実践に活かす知識に

1学年10名の少人数授業では、学生同士で意見交換をする機会が多く、
自分の言葉で伝え合うことで知識への理解を深めます。
また、1年間を通した附属幼稚園での実習や教育実習など、
実践的なカリキュラムで保育者としての力を磨きます。

専攻科1年 専門科目

  • 発達心理学特論 Ⅰ・Ⅱ
  • 幼児教育課程特論
  • 障害児教育臨床
  • 教育相談特論
  • 子育て支援特論 Ⅰ・Ⅱ
  • 表現法「音楽」
  • 表現法「美術」
  • 子どもと自然環境
  • 保育内容研究「音楽」
  • 保育内容研究「造形」
  • 保育内容研究「言葉」
  • 基礎ゼミナール
  • 幼稚園実習
  • 保育所実習
  • 施設実習

専攻科1年 専門関連科目

  • 仏教思想史特論 Ⅰ・Ⅱ
  • 実用英語
  • 情報処理演習
幼児教育課程特論(附属幼稚園での実習)

幼児教育課程特論

専攻科2年 専門科目

  • 幼児体育特論
  • 保育内容研究「美術」
  • 保育内容研究「運動」
  • 教育原理特論
  • 日本語表現法
  • 人間関係発達論
  • 子どもの特別支援と精神保健
  • 保育環境特論
  • 保育音楽特論
  • 保育美術特論
  • 修了研究

専攻科2年 専門関連科目

  • 仏教文化史
  • 職業論
子育て支援特論

子育て支援特論

ピックアップ科目

  • 幼児教育過程特論

    附属幼稚園での、3年保育年少児の入園当初から1年間の観察・参加・指導実習を通して、保育目標、保育内容を理解するとともに、子どもの発達過程について学びます。

  • 基礎ゼミナール

    修了研究の3講座に分かれて2年生のゼミナールに参加します。文献講読、2年生の研究についてのディスカッションに加わり、自分が取り組むテーマ決定につなげます。

  • 子育て支援特論 Ⅰ・Ⅱ

    子育て支援センターにて毎月開催される「多胎児の会」に参加し、子育て家庭のニーズをとらえます。そして保護者に対する子育て支援について考えていきます。

  • 子どもと自然環境

    身近な自然との触れ合いを通して自然に愛着をもつとともに、発酵食品を中心とした食品加工を体験することを通して、食べ物が自然の恵みであることを体感します。

  • 表現法「音楽」

    初見奏、弾き歌い等実践に役立つピアノ演奏技術の向上をめざします。また、弾き歌いを実践しながら子どもの発達段階に即した歌唱表現と歌唱指導の方法などを学びます。

  • 表現法「美術」

    遊具を制作し、子どもにとって適したデザイン・材料・構造・遊び方・安全性などを学びます。子どもの遊びをデザインし、遊具を制作することで造形技術と豊かな視点を養います。

  • 発達心理学特論 Ⅰ・Ⅱ

    発達心理学の研究事例を学ぶとともに、さまざまな調査・観察を実際に行うことで心理学的な手法の特長や留意点を知り、保育の中での各自の子ども理解に活かします。

修了研究

専攻科では、短期大学部での学びを基に、学生自身が興味のあるテーマを選んで研究し、その内容を論文にまとめる修了研究にも取り組みます。修了研究のテーマは、学生が各々の関心に応じて自由に選択します。事例に一部をご紹介しましたが、本当に多様な研究が行われていることをご覧いただけると思います。私たち教員も、その成果を毎年とても楽しみにしています。そして、研究から得られた結果を科学的な論文にまとめる中で、論理的な考え方や、客観的に物事をとらえる態度など、専門的な職業に大切な資質が養われていきます。

    星 信子 教授
    担当科目:
    幼児教育課程特論、発達心理学特論I・II など

    星 信子教授

2020年修了生の研究事例

  • ・テレビアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』に見る子どもの教訓と現代社会の時代的変遷
    「ゲゲゲの鬼太郎」529話を全て視聴し、時代背景と照らし合わせ、教訓を分析。
  • ・聞こえる子どもを育てる聴覚障害者への子育て支援
    聞こえる子どもを育てている聴覚障害者にインタビューするとともに、幼稚園や保育園で調査を実施し、
    聴覚障害を持つ親の困難や求めている支援について考察。
  • ・デジタル絵本の与える影響と今後の展望 〜デジタル絵本の研究動向をもとに〜
    デジタル絵本に関する研究を整理し、全体をみることでデジタル絵本の今後の課題と展望について考察。

年度別入学者数

  • 2016年度:19名
    (うち他短大卒業者2名)
  • 2017年度:7名
  • 2018年度:6名
  • 2019年度:13名
  • 2020年度:7名

    修了生の声

  • 横山慈英さん

    横山 慈英 さん

    2021年3月修了
    市立札幌新川高等学校出身

    学士と幼稚園教諭一種の資格を取得するために専攻科に進学しました。保育科を卒業した時の保育士・幼稚園教諭二種の資格があるので、有資格者として学生の時からアルバイトで現場の経験を積めることも進学の目的でした。大学での座学の学びと、現場での実践的で踏み込んだ学びを同時にできるところは専攻科の魅力だと思います。

  • 古田睦実さん

    古田 睦実 さん

    2021年3月修了
    大麻高等学校出身

    短期大学での2年間を過ごし、自分の保育観をもう少し考えてから就職したいと思うようになり、進学を決めました。少人数制の専攻科では全員で一つの作品を制作したり、実習の設定保育を考えたりと協力が必要な場面が多く大変な部分もありますが、共通の目標を持った仲間と意見を出し合いながら、より追求した保育を学ぶことができました。

保育科TOPページ

主な就職先" つどいの広場 社会連携センター" 社会連携センターfacebook"/