ピックアップカリキュラム

日本画専攻のカリキュラム

  • 日本画(紙本・絹本・板絵)
  • 写生
  • 水墨画
  • 屏風
  • 掛軸
  • 絵巻
  • 団扇・扇子
  • 古典模写
  • 箔を使った表現
  • 表具について
  • 素材研究
    (膠・和紙・顔料)
  • 鉛筆
  • ミクストメディア
  • デッサン
  • ドローイング
  • 人物画(ヌード・コスチューム)
  • 静物画
  • 植物画
  • 動物画
  • 風景画
  • 細密画
  • 空想画
  • 抽象画
  • 作家
  • 中学・高等学校教員
  • 大学院進学
  • 公務員
  • デザイナー
  • 画材店
  • 印刷業
  • 金融・サービス業
    など一般企業

    在学生の声

  • 横江真季さん

    横江 真季 さん(4年)

    日本画専攻
    名寄産業高等学校出身

    日本画研究では、市内の植物園や動物園、または道北などへの写生活動を行ったり、展覧会への出展も多くとても意欲的です。みんなで美術館見学へ行ったり、グループ展をしたりと活動の輪が広いと思います。入学前はみんなレベルが高そうで、ついていけるか不安でしたが先生たちがとても親身になって指導してくださり、自分の好きな気持ちに自信が持てました。

    教員メッセージ

  • 平向 功一 教授
    日本画

    平向 功一 教授

    日本画とは、東洋で生まれた絵画が日本の中で様々なものを吸収し常に変化しながら、現代に至った長い歴史と伝統を持つ独特な絵画です。しかし私たちの生きる北海道は明治以降に開拓された土地であり、文化的な基盤が深くはありません。つまり日本画が長い時間をかけてその地域の風土と共に築いてきたものがほとんどないといっても過言ではありません。だからこそ貪欲にその奥深く、魅力的な日本画の世界を冷静に客観的に考察し、伝統的な技法や技術を習得しながら、現代絵画としての日本画をこの新しい大地からグローバルに発信して欲しいと願っています。

主な就職先" おおたにの美術。"/ OTANI