ピックアップカリキュラム

立体専攻のカリキュラム

  • 塑造(首像、胸像、全身像)
  • 石膏取り
  • 木彫
  • 石彫
  • 金属造形
  • 中学・高等学校
    教員
  • 造形作家
  • キャラクター
    デザイナー
  • 一般企業

    在学生の声

  • 原健太さん

    原 健太 さん(4年)

    立体専攻
    北星学園大学附属高等学校出身

    立体専攻の特徴は、他学年との交流が多いところです。立体作品の移動では、たくさんの人の手を借りる場面が多いので、交流も増えていきます。今は抽象的な木の彫刻作品づくりに熱中しています。模型段階では良い形がつくれずに苦労した分、完成した時のよろこびは、ひとしおです。将来は美術教員をめざしています。教職の先生方のサポートや実際に教員になった先輩の体験談など教職に関する支援が整っている大学だと思いますよ。

    教員メッセージ

  • 原健太さん
    立体

    松隈 康夫 教授

    立体では塑造をはじめ、木、石、金属など様々な素材で制作します。木を彫ると香りもあり、とても自然を感じますし、石は磨くとツルツルとした肌触りになりとても気持ちのいいものです。そして、何もないところから溶断、溶接で作品がたちあがっていく金属も量、面、線といろいろな表現方法があり、とても魅力があります。色々な素材、作業のなかに多くの可能性と発見があります。立体は重かったり、大きかったり、動かすのも大変なことがありますが、皆で助け合って制作していますし、学年間もよく連携がとれています。力のあるなしはまるで関係ありません。一緒に汗を流しませんか。

主な就職先" おおたにの美術。"/ OTANI