特色科目

立体専攻のカリキュラム

  • 塑造(首像、胸像、全身像)
  • 石膏取り
  • 木彫
  • 石彫
  • 金属造形
  • 中学・高等学校
    教員
  • 彫刻家
  • 造形作家
  • モデラー
  • キャラクター
    デザイナー
  • 一般企業

    在学生の声

  • 千原蓮汰さん

    千原 蓮汰 さん(4年)

    立体専攻
    石狩翔陽高等学校出身

    高校時代にはできなかった、溶接機やチェンソーを使った大規模な作品づくりに興味を持っています。自分で選んだ素材をどのように加工し表現するのか、等身大に考えることが面白いです。いい意味でやりたい放題だと思います!

    教員メッセージ

  • 原健太さん
    立体

    松隈 康夫 教授

    立体では塑造をはじめ、木、石、金属など様々な素材で制作します。木を彫ると香りもあり、とても自然を感じますし、石は磨くとツルツルとした肌触りになりとても気持ちのいいものです。そして、何もないところから溶断、溶接で作品がたちあがっていく金属も量、面、線といろいろな表現方法があり、とても魅力があります。色々な素材、作業のなかに多くの可能性と発見があります。立体は重かったり、大きかったり、動かすのも大変なことがありますが、皆で助け合って制作していますし、学年間もよく連携がとれています。力のあるなしはまるで関係ありません。一緒に汗を流しませんか。

美術学科出願書類ダウンロード"/ 美術学科インスタグラム"/ 美術学科Facebook"/ がんばれ!美術の時間" 社会連携センター" 主な就職先" OTANI 社会連携センターfacebook"/ 美術学科コース紹介動画"/