学科長挨拶

  • 社会学部地域社会学科学科長西脇裕之教授
    社会学部地域社会学科 学科長
    西脇 裕之 教授

    社会学とは人間関係を探究する学問であり、
    人びとがもつ意識や意味を手がかりとして、社会の課題や可能性を発見し、
    説明や提案をしていくところに特徴があります。
    説明も提案も新たな情報を作り出し伝えていく活動ですから、
    そこに社会学の楽しさとやり甲斐があります。

    社会学部地域社会学科での学びは、
    学生が主体的に学ぶ少人数授業と北海道の地域をフィールドとした体験型授業が中心です。
    特に今年度からは経営、行政、福祉、まちづくりという
    4つの専門領域を深めるカリキュラムに変わりました。
    本学科での学びを通して、相手の身になって同時に複数の立場に立つ社会性、
    比較を通じてものごとのメリットとデメリットを把握する比較検討力、
    他の選択肢を発想する提案力を高めていけます。

    地域を愛し、地域を学び、地域を支える。
    社会学部地域社会学科がめざしているのは、地域で活躍し地域に貢献する人間の育成です。
    みなさん一人ひとりが社会学の楽しさを味わいつつ、
    自らの可能性を拡げ実現していくことを期待します。

教育目標

社会学部地域社会学科は、本学学則第1条第2項第3号に定める目的を達成するため、
以下を教育目標とする。

  1. 地域社会の内発的な発展を担う人材を育成する。
  2. 民間部門及び公共部門において、地域発展の中核を担うための行動力と実践力を備えた人材を育成する。
  3. 「地域を愛し、地域を学び、地域を支える」という意識を基本に、キャリア教育を内包した実践的な教育を行う。

3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー卒業の認定に関する方針

  1. 主体的に地域社会における課題を見出し、その解決に向け、持続的に努力を重ねることができます。(自律性)
  2. フィールドワークや社会調査を通じて地域社会の課題を発見し、課題解決に向けて積極的に貢献することができます。(課題発見・社会貢献性)
  3. 地域社会の企業・施設・行政機関での社会体験・職場体験を通して、働くことの意義への理解を深めつつ、社会性をもって協働することができます。(協調性)
  4. コミュニケーション能力や課題解決能力など、卒業後の社会で求められる汎用的なスキルを身につけ、ニーズに応じて活用することができます。(基礎的汎用的スキル)
  5. 社会人として必要な基礎力(コミュニケーションスキル、複眼的なものの見方など)を基盤とし、社会学のさまざまな分野(地域・公共・福祉・家族・観光・メディアなど)における専門的知識を、現実社会のニーズに応じて活用することができます。(知識活用)

カリキュラム・ポリシー教育課程の編成及び
実施に関する方針

  1. 建学の精神を学び、自己と他者の命を尊重し、豊かな情操を身につけ、知徳の陶冶を図ります。
  2. 社会に対する広い視野を持ち、多様な価値観に配慮できる豊かな人間性を身につけるために全学共通科目を配置します。特に、伝える力を中核とするコミュニケーション能力の育成のため、全学共通の初年次教育科目を配置します。また、自らの専門領域を深く学ぶと同時に、様々な領域への理解を深めるために、副専攻制度を配置します。さらに社会人として生き抜く実践力を育成するために、キャリア支援科目を配置します。
  3. 社会人として求められるコミュニケーション能力や課題解決能力を育成するため、言語表現及び情報処理関連科目を配置します。
  4. 北海道に根づく職業人として欠かせない、国際性や地域性の視点を育成するため、北海道並びに国際社会への理解を深める科目を配置します。
  5. 現代社会の仕組みを理解する力を育成するため、社会の成り立ちや人間関係について学ぶ科目を配置します。
  6. 地域社会や現代社会の現状を多角的に捉えて課題解決を図る姿勢を体系的に育成するため、マネジメント・行政・福祉・まちづくりに関する科目群をそれぞれ配置します。
  7. 地域社会の課題を発見したり分析したりする力を育成するため、社会調査スキルを体系的に修得する科目群を配置します。
  8. 様々な人々と協働していく社会性を育成するため、演習、フィールドワーク、インターンシップ等の体験型科目群を配置します。
  9. 4年間を通じて授業内外での学生の修学を支援するため、担任制度と連動したゼミ科目(基礎演習、専門演習)を配置します。

アドミッション・ポリシー入学者の受入れに関する方針

  1. 高等学校の幅広い学習内容を習得し、地域社会学科において学修を継続することに強い意欲を持っていること。
  2. 地域社会の問題に深い関心を持ち、地域社会に貢献しようという積極的な態度と目的意識を持っていること。
  3. 多様な文化・価値観を受け入れ、他者を尊重し、共に生きて行く社会について積極的に考えられること。
  4. 高等学校の教育課程における国語総合(現代文)、英語において一定レベルの基礎知識を有していること。
  5. 高等学校の教育課程における社会科学系教科において一定レベルの基礎知識を有し、数学及び理科教科において科学的、論理的思考力の基礎を身につけていること。
  6. 高等学校の教育課程における「総合的な学習の時間」、「課題研究」あるいは「特別活動」などにおいて、地域社会における具体的な課題について関心を持ち、大学においても、継続して学修する意志を持っていること。
  7. 日本語による基本的な文章を作成するスキルを有していること。

地域社会学科TOPページ

主な就職先" 企業×学生の共同開発" つながろう東北" 八雲町熊石地区活性化プロジェクト" まち研" たにラジ ★OTANI