4年間の流れ

1・2年次

1・2年次は、主体的な学びの基盤づくりのために、地域社会学科の学生全員が2年間共通テキストを使い、
読解力・要約力、レジュメやレポートの作成方法・発表方法などの基本的な学習スキルを習得します。

身につく力

論理的に考え分析する力

テキストを理解しまとめる力

4年間の流れ 1・2年次 4年間の流れ 1・2年次
  • 岡部敦准教授 岡部敦准教授

    岡部 敦 准教授
    担当科目:基礎演習

    文献を丁寧に読んで、その内容をまとめ、他者に伝えることを通して、大学での学びの基礎的なスキルを身につけることを第一の狙いとしています。同時に、担任が週に一度学生と顔を合わせて、日頃の学生生活の様子などを聞き取ったり、就学上の悩みなどについて話を聞いたりします。必要に応じて、個別に話を聞く時間をとったりしています。

    詳しくみる

  • 石川希美准教授 石川希美准教授

    石川 希美 准教授
    担当科目:基礎演習

    人前で発表する、意見を言うことに慣れる。与えられることを待つのではなく、自らすすんで調べ、考えることができるようになること。基礎演習のゼミを一つのユニットとしたグループワークで、一人ひとりが役割を果たすことができることが狙いです。基礎的な知識(日本語、時事など)を確認することで、「勉強しないと!」と実感してもらえればと考えています。

    詳しくみる

3・4年次

3・4年次は、さらに学びを深め、事実と意見を整理する力を養います。
地域社会に関連する8つの個別テーマの中から、興味関心のあるものを選定し、
個人単位で、また、グループ単位で研究レポートを完成させます。

身につく力

地域の問題・課題を発見する力

課題を共同で研究する力

4年間の流れ 3・4年次
4年間の流れ 3・4年次 4年間の流れ 3・4年次
  • 森雅人教授 森雅人教授

    森 雅人 教授
    担当科目:専門演習

    観光まちづくりの視点から、北海道の中山間地域を対象としたフィールドワークを行っています。演習では地域を理解するための知識や方法論を学び、夏休みを利用して現地入りしています。同一地域で継続的にフィールドワークを展開することで、観光振興に活用可能な資源の発掘、食文化に焦点を当てた商品開発、実務を支えるプラットフォームの構築へと研究を昇華させてきました。フィールドワークは、客観的に自己を見つめ直す上で有意義な活動だと思います。

    詳しくみる

多様なゼミナール

少人数のゼミ編成と担任制度で、
丁寧な指導。
学生生活の相談から、
就職活動のサポートまで。

ひとりの教員が担任する学生は10人程度。学生と教員の距離が近いことで、
学びの方向性を確認し合いながら4年間を過ごします。

身につく力

自分の考えを積極的に発言する力

自分と違う考えを理解し尊重する力

意見を交換しみんなで
問題を掘り下げる力

ゼミのテーマ

ピックアップゼミナール

  • コミュニティFM番組の企画・放送

    コミュニティFM番組の企画・放送

    「地域メディアと社会基盤」ゼミ 梶井 祥子 教授

    地域社会の人々をつなげるための社会基盤について、さまざまな角度から考えていきます。家族や学校、近所の人々との地縁的なつながり。あるいはボランティア、お祭り、子ども食堂などの多彩な活動を通してのつながり。さて、大学生はどのように地域社会と関わっていくのでしょうか。関わることで何を学ぶのでしょうか。コミュニティFMは、地域コミュニティのなかで重要な役割を担っています。私たちは、毎月60分間の放送を自分たちで企画・放送していきます。大学での学びをコミュニティFMから発信していくことで、実践的な経験を深め、地域の人々との交流もひろげていきます。自由な発想を駆使して、伝えることの楽しさや難しさを理解していきたいと思います。社会の〈つながり〉を知る手がかりになるはずです。

  • 北海道八雲町でのフィールドワーク

    北海道八雲町でのフィールドワーク

    「観光」ゼミ 森 雅人 教授

    観光まちづくりの視点から、北海道の中山間地域を対象としたフィールドワークを行っています。演習では地域を理解するための知識や方法論を学び、夏休みを利用して現地入りしています。同一地域で継続的にフィールドワークを展開することで、観光振興に活用可能な資源の発掘、食文化に焦点を当てた商品開発、実務を支えるプラットフォームの構築へと研究を昇華させてきました。2014年からは北海道八雲町で活動しており、実際に町の人たちに対して調査を行い、地域活性化案を作成したり、それを役場へ提案をしたりと実践的な学びにつながっています。フィールドワークは、客観的に自己を見つめ直す上で有意義な活動だと思います。

地域社会学科TOPページ

企業×学生の共同開発" つながろう東北" 八雲町熊石地区活性化プロジェクト" まち研" たにラジ ★OTANI 保護者懇談会のご案内"