コースの特長

  • 創作が中心となるカリキュラム

    創作が中心となるカリキュラム

    2021年度から、「作曲・サウンドクリエイションコース」と名前を変えて、さらに幅広い内容を学べるコースになりました。従来の「対位法」や「管弦楽法」といった、伝統的な理論はしっかりと押さえつつ、「サウンドクリエイション」や「DAW」、「サウンドプロダクション」では、コンピュータミュージックに関する技術を身につけます。自分に合った科目を組み合わせて、独自のスタイルを追求することができます。

特色科目

作曲・サウンドクリエイションコースのカリキュラム

    在学生の声

  • 益村 陽さん

    益村 陽さん(2年)

    作曲・サウンドクリエイションコース
    網走南ヶ丘高等学校出身

    作曲・サウンドクリエイションコースには、試演会という自分たちでつくった作品を披露するイベントがあります。学生の個性が生かされた作品が多く、様々なジャンルの曲があるので、とても勉強になり楽しかったです。また映像制作演習という授業では、たくさんの音楽や効果音を作成しました。普段扱わないジャンルに挑戦するきっかけになり、スキルアップにつながりました。

    教員メッセージ

  • 小山 純平 准教授
    作曲

    小山 隼平 准教授

    「札芸の作曲」では、ジャンル・様式を問わず、自分の好きな世界観や音楽性を追求することを大切にしています。作品発表の場である「試演会」では、あまりにも出品者間のジャンルがバラバラで、転換がとても大変になるほどです。たとえば、1曲目ではスクリーンに映像を投影しながら演奏するのに、2曲目ではそれらをすべて片付け、バンド編成になる、といった具合です。
    また、核となる作曲のレッスンでは、楽譜があったりDAWがあったりするのはもちろん、絵コンテや企画書も登場し、「作曲」という枠にとらわれない形で行われます。

音楽学科コース紹介動画"/ 国際交流 ピアノコースfacebook"/ 声楽コースFacebook"/ 管弦打楽コースFacebook"/ 作曲コースFacebook"/ 電子オルガンコース 音楽療法研究会Facebook"/ 札幌交響楽団"/ 札幌市民交流プラザ"/ 札幌大谷学園附属音楽教室"/