特徴

  • 段階的に学ぶ、個人レッスン。
    特徴1

    声楽実技演奏法

    正しい呼吸法、発声法を習得し、歌曲を通してより高度な表現力と演奏技術を身につけます。4年間にわたり段階的に学ぶ、個人レッスンです。

  • 総合芸術をゼロから作る実践的な学び。
    特徴2

    オペラ制作演習

    美術学科との共同作業によって、オペラをつくりあげます。美術学科が舞台美術や衣装を、音楽学科が歌と演奏、演技を担当します。総合芸術をゼロからつくりあげる実践的な学びです。

  • 楽しさを実感する、重唱。
    特徴3

    重唱

    オペラアンサンブルを通して、きめの細かい音楽的な技術を体感させ、アンサンブルの楽しさを実感します。

ピックアップカリキュラム

声楽コースのカリキュラム

    在学生の声

  • 小島菜々恵さん

    小島 菜々恵さん(3年生)

    声楽コース
    北星学園女子高等学校出身

    合奏や細かく分かれたクラス別授業など、音楽の専門分野が多いので自分が学びたいことをしっかり学べます。少人数制なので、先生との距離感も近く、丁寧に指導いただけることで安心しています。演奏会など舞台に立つことも多いので、そのときは違うコースのこともわかり、専攻楽器だけではなく、広い視野で音楽を学べます。

    教員メッセージ

  • 三山 博司 教授

    三山 博司 教授

    歌手にとって自分の楽器である声を作り、磨いていくことは必要不可欠なことです。声楽コースでは、大学の4年間を通して楽器としての声を作るための大切な基礎を徹底した個人レッスンにより身につけます。
    この基礎の上に「オペラ制作演習」や「声楽特別研究」の演習を通してより高度な声楽のテクニックや表現力の習得を目指します。また「リート研究」「フランス歌曲研究」「日本歌曲研究」において各国の歌曲を基礎から専門的に深く学ぶことで、声楽家としての幅広い教養を身につけることができます。

札幌大谷学園附属音楽教室"/ 主な就職先" 国際交流 ピアノコースfacebook"/ 声楽コースFacebook"/ 管弦打楽コースFacebook"/ 作曲コースFacebook"/ 電子オルガンコース 札幌交響楽団"/ 札幌市民交流プラザ"/